税理士紹介

税理士紹介


町田総合税理士事務所 代表


税理士 町田 恵一(Keiichi Machida)


▶多摩地域で相続対策に特化した提案型税理士。
 東京都東村山市生まれ、小平市在住。2児の父。剣道二段。

「相続専門の税理士が伝えたい令和時代の相続対策7つのポイント」をベースに、地主様・会社オーナー様を中心に、相続対策・相続税申告のサポートを行っている。延べ100件以上のご相続をサポートし、多くの対策事例を持つ。

大手税理士法人の資産税部門で相続税申告の実務を経験した後、複数の税理士事務所および財産コンサルティング会社で、税務実務に従事。相続税申告のサポートをする傍ら、年間10件超の相続対策・事業承継対策の提案・実行支援を担当した経験を持つ。大手事務所でのマニュアル的な対応ではなく、お客様が抱えるご相続の悩みに対して、もっとお客様に寄り添った支援をしたいと強く感じ、独立を決意。

自分が生まれ育った東村山市で、相続対策に特化した税理士として開業。地域密着を活かして「初回面談から実行支援まで最短3か月のスピード対応」を徹底している。

「遠慮なくなんでも相談できる。」「地域密着で何かあったらすぐに対応してくれるから安心。」との声も多く、一人一人のお客様と真剣に向き合っていく姿勢が評判である。担当した案件のお客様アンケートでは、丁寧な説明と相談のしやすさが評価され、常に★5を獲得。

「相続対策こそ、専門家のサポートが必要。相続税の負担を軽減しながらも、相続トラブルを無くし、相続した財産を安心して有効活用できる方を増やしたい。」との信念で、日々奔走中。

——————————————————————
中央大学 商学部 会計学科 卒
税理士試験官報合格【登録:第150769号】
(合格科目:簿記論・財務諸表論・相続税法・法人税法・消費税法)
東京税理士会東村山支部所属
NPO法人相続アドバイザー協議会認定会員

~「生きた」税理士を目指して~

 税理士というのは、社会の中で生きる職業であり、それゆえに、社会の変化とともにその活動も変貌していきます。 

 税理士は、学び続けなければ税理士としての実態を失い、単に資格をもっているだけの人に成り下がります。毎年、税制改正があり、税金のルールはどんどん変わっています。「生きた」税理士であるためには、当たり前のことではありますが、学び続けなければなりません。

 私は、学ぶといっても、ただ単に税法を勉強するだけでなく、斬新なものを絶えず取り入れることを大切にし、仕事の基になる新しい視座を身に着けることを絶えず意識しています。

 税理士とはいえ、税務にだけ捉われていたら、実務家としては不十分であるとも考えています。人としての幅を広げ、依頼者が求める水準以上の働きができる「生きた」税理士を目指します。